労働問題の慰謝料

ここでは、職場のトラブル、労働問題に関する慰謝料の判例を取り上げます

退職後の従業員が顧客リストを持ち出していて、従前の会社と競合する事業を行い(従事し)、同じ顧客に営業をかけるというのは厳密に言うと労働問題ではなく不正競争防止法の問題ですので、知的財産権に関する慰謝料のページで取り上げたいと思います。ただ、名簿の持ち出しで損害金を取るのはなかなか難しそうです。

労働問題の慰謝料に関する判例
事件番号等 慰謝料額 裁判で認められた弁護士費用 概要
平成19(ワ)1560 不当解雇損害賠償等請求事件 平成21年04月23日 仙台地方裁判所 10万円   無理矢理退職届を書かされ懲戒解雇同様の不利益処分を下された(論旨解雇処分の対象とされる合理性があったが、手続的違法があった)ことによる精神的苦痛に対する慰謝料
平成18(ネ)314 配転無効確認等 平成21年03月26日 札幌高等裁判所 150万円   原告5人中4名については、通常甘受すべき程度を著しく越えるものとは認められないとして棄却。1名につき、両親の介護が不可欠であるのに北海道から東京へ配置転換を命じられたことによる慰謝料が認められた。
更新履歴

更新履歴

2013/5/12
その他のページに原発事故の慰謝料に関する記載を追加しました。


2013/2/21
名誉毀損の慰謝料に関するページを追加しました。


2013/2/20
サイトをレスポンシブデザインでリニューアルしました。


2012/7/15
法人の慰謝料に関するページを追加しました。


2012/6/10
芸能人の離婚慰謝料に関するページを追加しました。


2010/5/27
退職後の競業避止義務に関する判例を知的財産権に関する慰謝料のページに追加しました。


2009/6/21
サイト開設しました。

このページの先頭へ